読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

clover-anex

アネックスっていうのはですね@izuizu

【音あり】香港の歩行者信号

アクセシビリティ

この記事はWeb Accessibility Advent Calendar 2015の14日目の記事です。

香港に行ってきました

香港の街の風景

11月に友だちと4人で香港1泊3日弾丸ツアーに行ってきました。1泊3日どんだけーって思っていましたが、現地在住の友だちのサポートのおかげで実質2日間とても充実した楽しい日々を過ごすことができました。

香港ではバスや地下鉄の公共交通機関と船などを利用しつつ、基本的に徒歩移動だったので、ゆっくりと街なかや人々の風景をゆっくりじっくり観ることができたのがとても楽しかったです。

歩行者信号の音響信号がとても印象的だった

街なかを歩いていると必ず何度も遭遇するのが交差点。

その交差点での歩行者信号で必ず耳にするのが音響信号です。それがとても印象的でした。

赤信号のとき


香港の歩行者信号:赤信号バージョン

なんだか「待っててね」っていう感じです。

青信号のとき


香港の歩行者信号:青信号バージョン

いきなりめっちゃ「急げ!!!」っていう感じです。

青から赤に変わるときの点滅のとき


香港の歩行者信号:青から赤への点滅バージョン

「赤に変わるよー」っていう感じです。

最初聞いたときはちょっぴりびっくりしましたが、街なかの交差点ではこれらの音が当たり前にどこでも鳴っていたので、すぐに耳に馴染んで、それが「あー、わたし香港にいてるわー、香港に慣れてきたわー」って、たった数時間で思えたのがとても自分で楽しかったです。

初めてのところでもすぐにわかること

初めての土地でもすぐに馴染めるということがとても安心感に繋がりました。

これはWebの設計や構成、ナビゲーション、文章の書き方、等々にも当てはまるよなって思いました。ま、Webに限ったことじゃないですが。

すぐに馴染めることが誰にでも安心して使えるものだよなーって当たり前のことを、香港の交差点で改めて気づいた1泊3日の香港でした。

安心って大事\(^o^)/